Show MenuHide Menu

出会い系サイトでも真剣に交際相手を探すことができる

2011年11月28日

高校を卒業して、単身上京しました。
上京と聞けば響きはいいですが、私の場合は行く当てがありませんでした。
ただ、「東京に行けば自分が成長する」と思ったからです。
ですが、華やかな生活は待ってはいませんでした。
賃貸するだけでも一苦労。
高校時代、ろくにアルバイトをしなかったため、まったく資金が足りませんでした。
仕方なく、月1万2000円のボロ賃貸で我慢して、しばらく資金集めに専念しました。
アルバイトをはじめた数カ月は、アルバイトに夢中で、ボロ賃貸だろうが全く気になりませんでした。
上京してアルバイトをはじめてから約一年がたったころ、引っ越しをしようと考えました。
慣れ親しんだボロ賃貸を去るのは少し寂しかったですが、高みを望み前進することを決意したからです。
良いくらしを手に入れたけど、心はまだ充実していませんでした。
なんせ、単身上京したため、周囲には友人など一人もいませんでした。
アルバイト先でも、友人関係を築こうと試みましたが、億劫な性格が災いとなり、未だ友達と呼べる人は一人もいません。
そこで、出会い系サイトをはじめました。
バイトの店長が「出会い系サイトで彼女と出会った」と自慢しながら写真を見せびらかしたのがきっかけです。
はじめは、“出会い”というより“からだ”といった印象が強かったため、とても抵抗がありました。
ですが、掲示板にあえて「真剣に交際相手を探しています」と書き込みました。
出会い系サイトをはじめた理由は、ただ気軽に話ができる友人を探していただけですが、“気軽”と書き込めば、誤解した人から連絡が届く恐れがあったため、あえて“真剣”と書き込みました。
書き込んだとはいっても、期待はしていませんでした。
当然、届くメールはいかにも、からだを目的としたもの。
ですが、たった一通だけ、親切・丁寧な文章で送られてきたメールがありました。
届いたほかのメールとは明らかに異なっていたため、すぐに返事をしました。
彼との交際の経緯は割愛しますが、出会い系サイトであっても、真剣に交際相手を探すことができると思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*