Show MenuHide Menu

運営法について

インターネット上に多く見られる無料出会い系サイトでは、たいていの場合、そのサイト上の全ての機能を無料で利用できると謳っているものがほとんどです。
しかし、そのようなサイトは、どのようにして運営費を稼いでいるのか?当然、疑問に思いますよね。
それについてのサイト上の説明では、そのサイトに掲載されている広告の広告主が宣伝広告費として、サイトの運営費が支払われていると述べています。
つまり、他の有料の出会い系サイトから運営費を貰って無料サイトが運営されているという事です。
しかし、それだけでは運営していくのに無理があるのではないか?そう考えても不思議はありません。
確かに、現代社会では、広告宣伝費というのは莫大な費用になる事はご存知かもしれませんが、それだけではどうでしょうか?
実はここには恐ろしいからくりが潜んでいます。
利用者は無料の出会い系サイトに登録したつもりでも、実は同経営者に運営されている有料サイトすなわち広告宣伝主の有料サイトに自動登録されてしまうのです。
当然、有料サイトですから、登録費用や利用料などが最低限発生する事は当然です。そうすると、利用者は有料サイトには登録した覚えは無いのに、利用料を請求される事になります。
当然、この請求に関しては、正式な契約を結んでいるわけではありませんから、法的な効力はありません。要するに、無視してよいものなのですが、つまりこの世の中に、完全に無料で利用出来るような便利なツールなど有りえないということなのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*